ケアンズ国際空港での検疫チェックに注意

airport-checkオーストラリアの検疫チェックはとても厳しいです。

最近ではテレビ番組でも入国の際に持ち込んでは駄目な食べ物などを持ち込もうとして、検疫官と客との言い争いをしているシーンを放送していることが多いので観たことがある人も多いのではないでしょうか?

あれはテレビだけの世界ではなく実際に私達個人にも起きえることなのです。オーストラリアに入国する際に食品や植物、動物、動植物でできた物品を持ち込む場合は、機内で配られる入国カードの該当欄に印をつけて必ず申告する必要があります。入国カードは法的書類なので、申告漏れや虚偽の申告があった場合には罰金・罰則が科されます。

英語で書かれた入国カードの場合、分からないからと言って適当に書くのもNGです。日本出発便の飛行機であれば、日本語の入国カードがある場合があるのでもし英語版が渡された場合は客室乗務員の方に確認してみてください。

持ち物の中に検疫の対象となる物があるが、申告したくないといった場合は、入国カードを検疫の係官に渡す前に、検疫用のごみ箱に捨ててください。検疫用のごみ箱は、荷物受取所に行く途中に大抵あります。


スポンサードリンク

オーストラリアに持ち込んではいけないもの

オーストラリアの検疫チェックが厳しいのは分かったが、ではいったい何を持ち込んだら駄目なのか? 動物を持ち込んだらだめなのは、想像つくが食べ物は一切だめなのか? 日本で飛行機に乗る前に買ったお菓子も駄目なのか?

という人も多いと思います。ここでは、どういったものが駄目なのか具体例を記載したいと思います。

持ち込んでは駄目なもの

卵・卵製品
生卵やゆで卵など卵の持込は禁止。しかし、マヨネーズやのり玉ふりかけ、チャーハンの素、卵粥などのように加工された卵製品や卵が加工されて具材として入っている様なもに関しては、次のの条件を満たしていれば持込可です。

a) 常温で6ヶ月以上保存可能なもの
b) 商業的に製造・包装された製品
c) 1kgもしくは1ℓまでの量であること
d) 本人の個人消費目的であること

乳製品
乳製品は、安全と認定されている国や地域で生産、加工された製品であれば持込OK。個人消費が目的の場合は、固形の乳製品は10kg、液体は10ℓ、液状の濃縮食品は2ℓ、乾燥食品は2kgまで持込が許可されています。

しかし、100mlを超える容器に入った液体物は機内に持ち込み禁止なので、飛行機に乗る前にチェックインカウンターで預ける必要はあります。

肉および肉製品
肉製品は常温で6ヶ月以上保存可能な市販の缶詰やレトルト食品、瓶詰め製品であれば持ち込みOK。


魚の内臓を除去してあること、常温保存可能な(開封するまでは冷蔵・冷凍の必要がない)製品であることが確認できれば10kgまで持込OK。但し、サケ科の魚は缶詰のみ持込OK。

種やナッツ
ナッツ関係は、お菓子などにも含まれていることが多く気になるところですが、持ち込みOKなものとNGなものがあります。下記は、持ち込みが許可されているものの例です。カシューナッツ、アーモンド、マカダミアナッツはOKですね。

持込が許可されているナッツ(未加工)の例:
カシューナッツ、アーモンド、ブラジルナッツ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、クルミ

持込が許可されている種子(加工済み)の例:
ソラマメ、ヒヨコマメ、トウモロコシ、エンドウ、カボチャの種、ゴマ、ヒマワリの種、大豆

持込が許可されているナッツ(加工済み)の例:
カシューナッツ、アーモンド、ブラジルナッツ、マカダミアナッツ、栗、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、ピーカンナッツ、松の実、ピスタチオ、クルミ

野菜や果物・穀物
冷凍(未調理)および生の果物、野菜の持込は原則禁止されています。

種、根、皮が含まれていないドライフルーツや乾燥加工した野菜は、申告の上検査で問題が見つからなければ持ち込みOK。ただし、乾燥していても未調理の豆や穀物は持ち込めないので注意。製粉されていれば持ち込みOK(例: 大豆、小豆、胡椒など)。

玄米のように穀物で外皮が取り除かれていないものは、事前に検疫処理を施し輸入許可を取得しなければ持ち込めません。ぬかは持込OKです。精米済みの米は申告の上、10kgまで持ち込めます(未開封の市販品のみ)

生きている動物
日本からは犬、猫以外のペットは連れていくことはできません。また、連れていく場合はオーストラリアの検疫当局から輸入許可証を取得する必要があります。輸入許可証の発行は農業省(Department of Agriculture: DA)のホームページの指示にしたがってオーストラリアに直接お申し込まなければなりません。

この記事を書いている先日も映画俳優のジョニー・デップが愛犬を無断でオーストラリアに持ち込んで退去通告を渡され騒ぎになっていました。

検疫の申告方法

機内で入国用旅客カードが配られます。このカードは法的書類になるので、渡航者本人が正確に記入しなければなりません。偽って書くと罪に問われることもあります。

入国用旅客カードは、英語版が配られることがありますが日本語版もあるので英語版が渡された場合は、日本語版の有無を客室乗務員に聞いてみて下さい。この入国カードは検疫に関する申告の役割もあります。良く読んだ上で、もし質問に該当するものがあれば必ず「はい」に印をつけてください。

申告を怠ると罪に問われますが、禁止品を持っていても申告すれば罪に問われることはありません。申告すべきかどうか分からない場合には入国カードの質問に「はい」と答え、申告してください。

実際の飛行機を降りてからの流れは次のようになります。

①飛行機を降りる
②入国審査を受ける
③荷物を受け取る
④検疫検査

飛行機を降り、入国審査官にパスポートと入国カードを渡し入国審査を受けます。入国審査をパスすると、パスポートと一緒に入国カードも返却されます。

次に荷物を受け取りに行くのですが、荷物を受け取りに行くまでの間に検疫用ごみ箱があります。もし、入国カードで申告していない持ち込めない物があればここで捨てて下さい。

検疫検査場にくると検疫検査を受けます。この時に係員に入国カードを渡してください。その後は係員の指示にしたがえばOKです。

入国用旅客カードの英語版と日本語版のサンプルを下記に添付しておきます。参考にしてください。

入国用旅客カード(英語版)
入国用旅客カード(日本語版)

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ