ケアンズで運転する場合の交通ルール

australia-roadレンタカーを借りてケアンズで運転する場合は、オーストラリアの道路交通法を知っておく必要があります。

幸いなことにオーストラリアは、右ハンドルで左車線走行なので日本と同じです♪


交通ルールもほぼ日本と似通っているので、日本で車を運転されている方であれば、注意すべき点をいくつか抑えておけばケアンズでもすんなり運転することができます。

道路標識に関しても日本の標識と図柄が似ているので一目で分かりやすくなっています。更にケアンズ周辺での運転事情も知っておけば安心して運転することができます。

本ページでは、そのオーストラリアの道路交通法とケアンズ周辺の運転事情について記載したいと思います。


スポンサードリンク

オーストラリアの道路交通法

オーストラリアと日本の道路交通法では、細かな違いは多くありますが、オーストラリアで運転する際に抑えておきたい違いは少ないです。その抑えておきたい違いは次の通りです。

●ラウンドアバウト(ROUND ABOUT)
roundabout最近は、日本の一部でも導入されてきています。初めてラウンドアバウトを経験される方は、少し緊張するかもしれませんがルールを抑えて数回通れば難しくはありません。

とはいっても、ケアンズは交通事故が少ないのですがラウンドアバウト周辺は事故が多いので注意は必要です。

ラウンドアバウトの走り方とコツは、別途、別ページで詳細に記載したいと思います。

●右方優先
日本の道路交通法の場合は、左方優先に対しオーストラリアでは右方優先になります。しかし、これはあまり意識をする必要はありません。右方優先というのは、あくまで信号や一旦停止ラインなどがない交差点に複数の車が遭遇し、互いに優先権が無い場合の判断として利用します。

ケアンズの観光ルートで通るような道には大抵、信号や一旦停止ラインがあり優先道路が明確になっています。いやいや、自分は裏路地も走るという方は別ですが。

では、何故、抑えておきたい点としてここにピックアップしたのか?

それは、一カ所だけ右方優先を意識しなければならないところがあるからです。前述した、ラウンドアバウトです。ラウンドアバウトの走り方は、別途、別ページで詳細に記載しますが、ラウンドアバウトに侵入する際は常に右側から走ってくる車を優先する必要があります。

●チャイルドシート
日本ではチャイルドシートは5歳児までが義務付けされていますが、オーストラリアでは7歳までとなっています。レンタカー会社でチャイルドシートを借りることができますが、大抵の会社は1日8ドル程度の料金となっています。

●信号機
基本的には日本と同じですが、1つだけ日本人が戸惑ってしまうようなものがあります。

signal1

これです。日本には無い赤矢印。一体これは、右折していいのか? と迷ってしまいますが赤矢印の場合は矢印方向の進行は禁止です。

間違えると事故の元となるので、ここはしっかり抑えておきましょう。

signal2

ケアンズ周辺の運転事情

●道幅と運転速度
ケアンズ市内の運転は、日本と比較してもそれほど難しくはない。むしろ、慣れてしまうとケアンズの方が運転しやすく感じるほどです。ケアンズ市内の道幅は市外と比べてやや狭めですがそれでも十分な広さはあります。

ショッピングモールが近くにある場合は、道路の中央や両サイドにパーキングエリアが多く設置されているので間からの人の飛び出しには気をつけましょう。

ケアンズ市外にでると状況は一変します。

100道幅は更に広がり、周りの車の速度は一気に上がってきます。高速道路ではないのに、制限時速100㎞の標識をよくみかけます。 しかし、道幅は日本の高速道路よりも広く直線が多いので、運転はし易いです。

運転に自身の無い方は、速度を抑えつつ速い車が後ろからきたら譲る気持ちで走れば落ち着いて運転することができます。


●駐車場
parkingケアンズ市内には道の中央や両サイドに多くの路上パーキングが用意されています。

場所によって値段が違ったり、時間帯によっては無料の場合があったりします。路上パーキングがある場所には、必ずパーキングチケットを発行するパーキングメーターがあり、そこに時間、値段がかかれているので利用する際はチェックしてください。

ショッピングモールの近くは、いっぱいになっている場合が多いですが少し離れると空いている場合があります。


●動物の飛び出し
hyousiki1キュランダやアサートン方面に行くと、道路の標識に動物飛び出し注意の標識をよく見かけるようになります。

日本でも同様に山方面に行くと鹿の飛び出し注意などの標識を見かけることがありますが、実際に目撃することはほとんどありません。しかし、オーストラリアでは日本と同じような気持ちでいると痛い目を見てしまいます。

昼間は目撃することはほとんどありませんが、夜間になると急激に動物の飛び出しが増えてきます。実際に道路わきに動物の死骸も頻繁に目撃します。

レンタカーを借りる場合は、夜間にカンガルーなどの動物見学をするという醍醐味もありますが、飛び出しには十分注意しましょう。

オーストラリアの交通規定

●運転免許証
日本人がケアンズでレンタカーを借りて運転するには、国際免許証が必要になりす。レンタカーを借りる際にも提示を求められますが、運転する際にも携帯が必要です。忘れず携帯するようにしましょう。

国際免許証は、日本国内の最寄りの運転免許更新所(試験所)で30分程度で即日発行してくれます。当然、日本の運転免許証が有効である必要があります。

●走行車線
日本と同じ左側通行です。レンタカーはすべて右ハンドルなので、日本で運転されている方は違和感なく運転できると思います。

●シートベルト
後部座席も含め乗車している人全員装着義務があります。ケアンズ市外にでると道幅も広く、制限時速も100㎞以上の所が多くスピードを出している人も多いので、必ずシートベルトは装着するようにしましょう。

●チャイルドシート
前述した通り、日本では5歳以下ですが、オーストラリアでは7歳以下が義務付けられています。6歳、7歳のお子様がおられる場合は、忘れがちになるので注意しましょう。

●飲酒運転
アルコールの血中濃度0.05%以上で罰則の対象になります。日本の酒気帯び基準は、血中濃度0.3mg/ml(≒0.03%)または呼気中0.15mg/lなので、やや緩いですが日本と同じと考える方が無難でしょう。

●携帯電話を使用しながらの運転
日本と同様です。携帯電話を片手で持ち通話しながらの運転は禁止されています。ハンズフリーの利用はOKです。

●スピード違反
取り締まりは厳しく行われています。日本であれば、制限時速から5km/h程度オーバーであれば捕まることはまれですが、ケアンズでは数キロオーバーでも捕まります。

制限時速よりも10km/h程度抑えて走っている方が安全面的にもいいでしょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ